メガネの情報はこのサイトにおまかせ!

このサイトでは、メガネを購入する前に知っておきたい様々な疑問についての情報をまとめてご紹介しています。
そもそもレンズにはどのような種類があるのか、一体視力がどの程度下がったらかけるべきなのか、さらには遠くが良く見えるようなレンズを選ぶべきなのかなどにも触れています。
またコンタクトレンズとの最適な度数の違いについても扱っているサイトです。
これから購入を検討しているときには、目を通しておくと役立つ可能性があるのでおすすめです。

知りたいことがよくわかる!メガネの疑問まとめ

知りたいことがよくわかる!メガネの疑問まとめ 視力が下がった気がするからメガネを購入しようかと考えている、という人もいるでしょう。
しかしそれまで視力の矯正をすることなく過ごしてきた場合には、メガネについての様々な疑問がある場合も少なくありません。
近視や乱視・遠視などの矯正に使われる物が一般的ですが、度が入っていないおしゃれ用のものもメガネにはあります。
お洒落な人の間ではファッションとして取り入れている人もいるものです。
さらにはパソコンやスマートフォンを操作するときに目をブルーライトから保護する、ブルーライトカット機能があるものなども話題になりました。
メガネを購入する際には、メガネについての知識を深めて目的に合った物を選ぶようにするのがおすすめです。

メガネをかけると目が悪くなるという噂は本当?

メガネをかけると目が悪くなるという噂は本当? 視力は遺伝で悪くなる場合があり、また、それまでは不自由なく見えていても、気が付けばかなり視力が落ちメガネやコンタクトレンズを装着しなくてはいけなくなる場合があります。
コンタクトレンズは直接目の中に入れなくてはいけないので、拒否感が強いかもしれません。
メガネの場合は顔の表面に置く感じなので、それほど拒否感は強くはありませんが、昔からメガネをかけるとより目が悪くなるという噂が聞かれます。
この噂は全くの迷信で、眼科の医師はメガネをかけても損は全くなく、むしろ周囲の景色が見やすくなり本に書いてある字も読みやすいと強く勧める方が多いぐらいです。
読書などで小さな文字を見る場合と、遠くの景色を見る、例えば運転する際に周りを見回す眼球の周囲の神経や筋肉などの働きは違います。
子供の頃から近視でずっとメガネをかけている人は、年齢を重ねるに伴いいわゆる老眼と言われる症状が出てきます。
そんな時でも眼科を受診し、レンズを選ぶことで自分の視力に合ったレンズを処方してもらえるので、年を取ったと嘆く必要はありません。
視力を矯正することは生活を営む上では重要で、行動範囲が広がります。
積極的に視力が上るように自分に合った矯正方法を選びましょう。

メガネを購入して受けられるアフターサービスとは

メガネのアフターサービスといえば、どのようなものが思いつきますか。まず紹介するのはテンプルと呼ばれているフレームを支えるパーツの調整です。
最初にフィッティングした時は問題無かったのに、使用中に鼻の上部に鼻あての跡が目立つようになったことはないでしょうか。これは何度も使用したことによってテンプルに変形や広がりが生じ、鼻部分にかかる強度が強くなったことが原因とされています。
そんな変形や広がりが生じたテンプルを、その人に合わせてもう一度調整するのがアフターサービスなのです。保証期間であれば、無料で調整してくれるケースがほとんどです。
また布製のメガネふきを繰り返し使用していると繊維の中に汚れがたまっていき、レンズを傷つけてしまうことがあります。それを防ぐためにメガネ専用の洗浄機を使ってレンズを綺麗にしてもらえるのも、購入後のサービスに含まれます。
レンズの洗浄は保証期間を過ぎていても無料でしてくれるケースが多いです。

気に入ったメガネを長く使い続けるための方法とは

メガネを長く使い続ける方法は、いつも丁寧に使うように心がけることです。たとえばレンズは傷がつきやすいので、汚れなどをふき取るときには必ず水洗いをしてから、ティッシュやメガネ拭きで拭き取るようにします。
水洗いをしないで直接拭き取ると、レンズに小さな塵や埃、花粉などが付いていた場合、その塵や埃、花粉ごとレンズを拭くことになり、これが傷の原因となってしまうのです。
石鹸や洗剤などを付けて洗うのも絶対にNGです。レンズの表面に加工されている薄い膜が取れてしまうからです。レンズが傷ついたり、加工された膜が取れてくると、目の前に雲がかかったようになり、とても見えにくくなってしまいます。
また、フレームの扱いにも注意が必要です。床や椅子の上に置いていて踏んでしまったり、物がぶつかったりして大きく変形してしまうと、元に戻すのが難しくなってしまいます。
大切に使い続ければ、メガネは10年でも使い続けることができるものです。

もっと京都のメガネを知りたい

京都でメガネを購入する